日本は基本的に「安全」指数が高く、公共トイレに関しては「安全」が前提となっていますが、外国人ビジターが多くなると、トイレ環境にも「リスクマネージメント」が重要になると考えています。